読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arachansan's diary

誰にも左右されず、硬派なBlogを書きます。

AppleTV YouTubeの他の人の再生リストを連続再生する方法

YouTubeで動画の選択が面倒

Apple TV便利ですね。 YouTubeをTVの画面で見るのに重宝しています。 ただ、問題があります。 一本の動画が数分程度の動画が多いので、 頻繁に画像を選び直す必要があります。

プレイリストも作りたくない

YouTubeには再生リストがあります。 再生リストを再生すれば動画を頻繁に選び直す必要はありません。 ただ、Apple TVのYouTubeでは、自分で作った再生リストしか再生できません。

自分で作るのが非常に面倒です。

iPhone/iPadYouTubeアプリをAirPlay

iPhone/iPadYouTubeアプリはチャンネルにある再生リストを再生する機能があります。

それを再生し、AirPlayでApple TVに飛します。

そうすると再生リストにある動画を順番に再生してくれます。

これで再生リストを作る必要ありません。

途中で止まってしまうのですが…。

以下の条件の場合だと、 次の動画の再生をしてくれません。

  • バックグランドでYouTube起動
  • 画面ロック状態

そこで、それぞれに対策を実施します。

バックグラウンドでYouTube起動

これは簡単です。YouTubeの画面をずっと表示させたまま再生し続けるのです。 子供にYouTubeを見せている間にTwitterやFBはできませんが、やりたければPCでやりましょう。

画面ロック

長時間放置していると勝手に画面ロックが掛かります。これは画面ロックが掛からないように設定を変更します。

設定 > 一般 > 自動ロック で自動ロックを「しない」に変更します。

まとめ

iPhone/iPadYouTubeアプリから他の人の再生リストを再生すれば、 自分で再生リストを作成する必要も無いので便利。

AirPlayでiPhone/iPadYouTubeの再生状況を飛ばせば大画面で楽しめます。

再生リストの次の動画が再生されないのは

  • バックグラウンドで再生している
  • 画面ロックが掛かった

以下の方法で回避する

  • YouTubeを再生したままの状態にしておく
  • 画面ロックをしない

はてな参戦の理由

アメブロが使いにくい

嫁のアメーバピグ、アメーバライフへのお誘いの影響でアメブロを使い始めました。

しかしまあ、使いにくい。

見出しがない

私のBlogは見出しを使います。

考えを綺麗に整理した文章を書くには見出しが必要不可欠です。

小説や随筆(エッセー)のような文章であれば不要かもしれません。

私の文章は説明文、新聞に近い。

見出しの無い新聞なんて考えられますか?

箇条書きがない

アメブロには箇条書きもありません。

同じく説明文のようなパッと見て自分の意見を説明する上で箇条書きも必要不可欠です。

誰も長文は読んでくれませんし、私も読みたくありません。

HTMLタグで箇条書きと見出しを表現

私のBlogを見て、ちゃんと見出しと箇条書きでアメブロが書かれているじゃないかと思っているあなた、違います。

Blogの中にHeaderタグや見出しタグを直打して表現していたのですよ。

今日日、Wordのように入力できるBlogばかりなのに。

タグは覚えていますが、ペアで囲わないと行けない分、入力が面倒です。

効率さえ良ければ、markdown記法のようなものでも覚えます。

だけど、もうタグ打ちは嫌なんだ!!

見出しと箇条書きが不要なユーザーだらけ

見出しと箇条書きに対応して と叫んでも誰も相手にしてくれそうにありません。

amebloでアクセス数トップの記事は、芸能人Blogかアフィリエイト

見出しと箇条書きが必要なBlogなど皆無です。

絵文字太字は必要であっても見出しと箇条書きは要らない人たちです。

私はメジャーなユーザー層と明らかに乖離している。

だから、京都の中心で声高に叫んだとしても、渋谷のイケてるamebaさんに届くはずもありません。

Markdown記法への憧れ

Qiitaでmarkdown記法で記事を書いてみたんです。

そしたら、とても使いやすくて。

wiki記法よりも直感的でいいなと思ったんです。

はてながmarkdown対応だと!?

markdown記法に対応しているような変態Blogを探すと...。

GoogleBloggerはゴリゴリ、カスタマイズしないとmarkdown記法は使えません。

G+のヘビーユーザーではありますが、 ゴリゴリ、カスタマイズはスマートではありません。

それだったら通常で対応しているはてなBlogに行こう!

markdown記法でブログが書きたい。

ただ、それだけで はてな にやってきました。

はてなが怖い

お仕事の関係上、Googleり倒している生活を送っている訳ですが、 技術系Blogは大抵はてな だったりするんです。

私のBlogなど埋もれてしまうじゃないかと少し心配しております。

ただ、G+でもFBでもtwitterでもGoing my wayな人なのでそれほど気にはしておりません。